FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
line

私の盗撮体験

とは言っても、別に私が盗撮した訳ではありませんので

悪しからず


パシャリ

静かな空間に響き渡る音



・・・・数秒、思考停止

《シャッタ-音今のシャッタ-音だよね

《えっもしかして撮られた

《と・・盗撮盗撮されたの

《私、今日スカ-トだし

後ろの人さっきから、直ぐ後ろで何かゴソゴソしているし

間違いないよね

《でもちょっと待って

《今この空間に居るのって・・・・

私と後ろにいる禿げてるおじさんだけじゃん

そう此処はエレベ-タの中完全な密室

怖い怖いよ~

お願いだから早く着いて~

完全にパニックてる私

直ぐにボタンを押して近くの階で降りるなんて考えられず

一階に着くのをひたすら待ってましたその時また

パシャリ

更にもう一回

パシャリ

私が何も言わない事を良い事に、この禿げ親父

2回も、しかもフラッシュまで炊いたのでした

流石に頭に来た私は、後ろを振り向き

携帯の画面ニヤニヤしながら眺めている禿げ親父の手から

携帯を取り上げると※

「これ何ですか私のスカ-トの中の写真じゃないですか

「これ盗撮ですよ私と一緒に警察に行って下さい

自分でも信じられない位大きな声で怒鳴っていました

その頃には既に一階に着いて、扉が開いており

扉の前には何事かと野次馬の群れが出来てました

暫くすると、その中の誰かが事態を察し、連絡してくれたのか

警官が2人来て、簡単に事情を聞かれ

私と禿げ親父は近くの派出所へ連れて行かれました。

そこでも事情を聞かれ、結局開放されたのは3時間後

当然、その後の予定は全てキャンセル

全くついてない一日でした・・・・


以上が私の体験した盗撮の一部始終です。

こんな体験は2度としたくありませんね

時間も無駄だし、何より嫌な気分が残るから


※この時は頭に血が上って、何も考えずに相手から

携帯を取り上げちゃいましたが、もし私の勘違いだったら

逆に「窃盗&名誉毀損」で訴えられるところでした







line

comment

Secret

line
line

line
検索フォーム
line
RSSリンクの表示
line
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

line
QRコード
QRコード
line
最新トラックバック
line
RSSリンクの表示
line
リンク
line
sub_line
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。